「2014年11月」の記事一覧(5 / 5ページ)

環境シンボル&スローガン募集キャンペーン

<概要> 環境シンボル&スローガン募集キャンペーンというのは、町で環境活動を行う上でのシンボルマーク(ロゴ)と環境スローガンを市民から募集して決めるというイベントだ。 となり町のナンディでやることになったので、ラウトカも・・・

JICA専門家の軍門に下る

<概要> JICA専門家とは、協力隊員と違ってプロフェッショナルの国際協力専門家である。俺がフィジーにやってきたのはJICA職員ではなく、開発コンサルタント会社の人がJICAから業務を委託されてJICA専門家という肩書と・・・

仕事始め

4月28日 私「そろそろ仕事始めたいんですけど…」 カウンターパート(職場の同僚で隊員の相棒)「じゃあ、10時から打ち合わせしよう」、といいつつも、彼の都合で3時からになった。打ち合わせの概略を以下に記す。 ・私の仕事は・・・

超緊張!職場へ赴任

4月14日 赴任先のラウトカ市役所 今日から真の戦いが始まる。日本からフィジーへ出発する時は意外なほど冷静だったのに対して、昨日は気持ちが高ぶってあまり寝れなかった。本能がこの状況の深刻さを感じ取っているに違いない。しか・・・

任地赴任前準備 嵐の前の静けさ

今日のミッションは、ラウトカ市にある職場に出向いて挨拶して、赴任日を決定し、当面の住居を確保すること。 早朝から調整員の方に連れられて、スバから飛行機でナンディー空港に向かった。なお、ドミトリー出発の時間がぎりぎりだった・・・

フィジーの村にホームステイ

4月4日~6日:フィジアンビレッジホームステイ(於Serua island) 生のフィジアン文化を体験するためにフィジアンビレッジにホームステイした。場所はスバからバスで東へ90分ぐらいした場所からさらにボートで3分ぐら・・・

フィジー初日~首都で研修

2009年3月24日:初日【新しい朝】 機内で迎えたはじめての夜明け フィジーに向かう飛行機の中。特にすることもないので、シャンパンのんで気を失っていた。起きて所在なくしている内に夜が明けた。飛行機の下には雲と海しかなく・・・

青年海外協力隊の記録:はじめに

これは俺が2009年3月から2011年3月まで、青年海外協力隊員としてフィジーで活動していた記録である。 また、派遣前、派遣後についての記録もあって800日分ぐらいある。おそらく分量では日本最大級の協力隊日記であるはずだ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ