6.それでも上手く歌えない人のためのごまかしテクニック

歌手になるつもりがなければ付け焼き刃もよし

karaoke7
6.1テクニック集
何度練習しても人並みに歌えない、そして行きたくないけどカラオケに行く羽目になってしまった人は試してみてください…
・エコーを強くする
デビューしたてのアイドル歌手などはガンガンにエコーかけて下手くそさをごまかしている場合が多々あります。エコーを強くすると多少音程が外れていても、息が途切れても目立ちません。しかし、エコーによって下手さはごまかせますが、上手くも聴こえません。

・テンポを速くする
曲のテンポを上げる(リモコンのスピードコントロールのボタンを押すだけ)と歌のアラが目立たなくなります。一つ一つの音が短くなるので、少しぐらい音を外しても気付かれません。

・友達に一緒に歌ってくれるように頼む
二人ないし数人で歌うとアラが目立たなくなります。

・セリフが多い曲を選ぶ
もう、どうしても音痴でしょうがないと言う人は、歌の部分が少ない、セリフが多い歌を選べば大丈夫。港のヨーコ、ヨコハマ、ヨコスカなんて最強。

・酒を飲む
入室してすぐに酒を頼んで飲みまくる。歌で失敗しても「飲み過ぎて歌えんかった、ははは」でごまかせる?

・叫ぶ、吠える
大声で歌いましょう。パワーで周囲を圧倒しましょう。あなたが普段おとなしい人なら賞賛の嵐です。

6.2その他テクニック・知識集
・男性が女性ヴォーカルの曲を歌う場合(逆も)のキー変更
一般的な男性の音域は女性より半音8個分程度低いため、カラオケでも男性が女性ヴォーカルの曲を歌う場合、キーを8個下げれば普通に歌える…、わけなのですが、大体カラオケではキーは6個程度までしか下げられないのでm逆にキーを4個上げて、一オクターブ低くして歌います。これは、一オクターブ=半音12個であるので、8個下げた音と4個上げた音は一オクターブ違いで同じ音になるためです。
逆に女性が男性ヴォーカルの曲を歌う場合はキーを4個下げると歌いやすいでしょう。
もちろん、音域に関しては個人差が大きいので、自分の音域をよく把握して、持ち歌のキー設定を覚えておきましょう。

・高音の出し方
カラオケではキーが変えられるのだから、音域が高くて歌えない歌はキーを下げればいいやん、というのが私の意見です。
叫んだり、付け焼刃のテクニックで高音が出せても、それは綺麗な声ではありません。出ないよりはマシだと思いますが、無理やり出した声に魅力は感じません。

とはいえ、私のカラオケを始めた当初の一番の課題も、いかに高音を出すかということでした。キーの高い曲を原曲で歌っていればそのうち自分のキーも高くなるだろうと思ってしんどいの我慢して歌っていました。喉が毎回痛かったです。やり過ぎると声帯にポリープが出来て、手術するはめになるので、怖くて止めました。この方法で効果があったのかどうかわかりません。
それより、自分の出せる音域でしっかり発声できるようにすることの方が大切だと思い、無理はしなくなりましたが、それでも喉が強くなったのか、当初に比べて半音4つ分程度音域が広がりました(一年で半音ぐらい上がって行ったと思います。近年は変化なし)。
歌い続けていればいずれ高音は出るようになります。地道に頑張ってください、と言いたいところですが、本サイトはお手軽テクニックを紹介するサイトなので、付け焼刃のテクニックも紹介しておきます。

・首を斜め下に向けて声を出すと多少高い声がでます。ちょうど顎を鎖骨に付けるような感じで発声します。でもワンポイントでしか通用しません。
・ゲロを吐く感じで喉を開けた感じで、強く息を吐くように発声すると高い声が出ます。

・マイクの使い方
マイクの持ち方ですが、ヘッド部分から3㎝位下を持つのがベストです。力まないように軽く握ります。
また、マイクには指向性といって音を拾いやすい方向があるので常に自分の口の方へ向けると声をよく拾ってくれます。こうするとマイクは床と平行になります。しかし、これだと少し腕か疲れるし、前が見えにくくなるので少し傾けても問題ありません。
マイクと口との距離は特に何cmということはありませんが、声の大きさと伴奏のバランスが丁度良い大きさになるようにコントロールします。
なお、練習であればマイクを使わずそのまま歌っても良いと思います。録音して後で聴いてみると自分の地の歌声が分かっていいですよ。

6.3立って歌うか座って歌うか
歌手は基本的に立って歌います。私もカラオケでは立って歌います。理由は、
・呼吸が楽(腹式呼吸しやすい)
・身体に声を共鳴させやすい(座ると下半身に声が響かない)
・歌手になったつもりでノリノリになる(笑)

立つと言っても直立不動ではなく、足を肩幅くらいに開いた状態で身体の力を抜いて立ちます。
一方、座って歌う事も悪いとは言えません。疲れにくいし、みんなが座って歌っているのに自分だけ立って歌うのも目立つし…。でも座って歌う場合は、ソファーにもたれかからず、猫背にもならず、上半身を立たせた状態にすると、立って歌うのに近くなります。

6.4ドリンク
カラオケでは大抵何らかの飲み物を頼むことになりますが、ものによっては歌に影響を与える場合があります。
炭酸系の飲み物は喉を刺激するので避けた方が無難です。また、冷たい飲み物も喉を冷やすので良くありません。わたしはホットミルクティーをよく頼みます。
酒に関しては少しだけ飲むとリラックスできてよいと思います。
飲み放題プランで酒が飲める場合、私も時々飲みすぎる事があるのですが、歌っている時はいい気分になって調子いいなあと思っているのですが、録音して後で聴いてみると、音程もリズムもズレまくり、かなりひどいことになっています。お酒はほどほどに…。

<参考>軍歌
軍歌。主に戦中に作成されたものが多いため、戦時歌謡とも言います。軍歌なので戦意高揚のための勇ましい歌も多い半面、戦争では大勢の人が死んでしまうわけで、友やわが子が戦死したことをテーマにした哀調に溢れた曲も少なくありません。
さて、戦後数十年経ちましたが、戦時歌謡の内の傑作と言われる物の中には今なお歌い継ぐ愛好家?も少なからずいるようで、カラオケ3大機種にも軍歌のカテゴリーがあって、数十曲が登録されています。
好き嫌いはあると思いますが、これも日本の歴史を物語る貴重な遺産です。日本人としてのたしなみとして一曲ぐらいは歌えるようにカラオケで練習してみましょう。
ここで、お勧めの曲としていくつかあげてみます。

・同期の桜「♪貴様と俺とは同期の桜~」
軍歌の中でも最も有名な曲ではないでしょうか。死んだ戦友の悼む歌。現代ではこのような勇壮かつ悲壮なメロディーは見られません。
カラオケで歌う場合ですが、それほど難易度の高い曲ではありません(現代の曲のように音域が広すぎたり、テンポが早過ぎたり、シャウトしたりすることが無いと言う意味で)。ポイントは、軍歌と言う事で気合いが入りすぎて、大声を出しすぎないこと。大声というより、よく通る声をイメージして朗々と歌い上げましょう。

・月月火水木金金「♪朝だ夜明けだ潮の息吹~」
海軍の歌。月月火水木金金とは土日がなく、つまり休日がないことを意味します。激しい艦上での訓練や勤務を誇らしげに歌っています。この曲は勇壮一辺倒です。難しく考えないで躍動感いっぱいに歌いましょう。

・軍艦行進曲(軍艦マーチ)「♪守るも攻めるもくろがねの~」
海軍の歌。現代ではパチンコのメロディーとして有名。歌詞は知らなくとも曲は有名なので、マスターしやすい曲だと思います。これまた勇ましい曲。小細工なしでまっすぐ歌いましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ