カラオケ上達お手軽テクニック

ヒトカラ、行ってますか?

karaoke1
●はじめに
私は一人カラオケ歴15年以上の友達いないカラオケを心から愛する人間です。

カラオケを始めた当初はひどい音痴で、この先ずっと人前で歌うのは控えた方が世の中のためじゃないかと思ったこともありました。

しかし、いつしかカラオケの楽しさに目覚めて、一人で行くようにもなって(もちろんみんなと行く時もあります)、今では周りから上手いと言われるぐらいになりました。
15年以上、色々やりました。歌い方の本を読んであれこれ試してみたり、喉が枯れるまで連日歌い続けたり、腹式呼吸やボイストレーニング等の基礎訓練もやりましました。

その結果言えることですが、本当の意味で歌唱力を高めることはすぐにできることではなく、地味で単純な基礎訓練を積み重ねるしかありません。しかし、カラオケでちょっと上手く歌う程度の事なら、つらいトレーニングは必要なく、ちょっとしたテクニックと少しの練習で十分可能です。
今、ネットで手軽にカラオケが上達する方法を検索しているあなたが求めているのは後者の方でしょう(笑)。

そんなあなたのために、私が15年間で身に付けたお手軽な上達テクニックをお教えします。
また、一からカラオケを始める人でも、不安がないようにカラオケについてはじめのはじめから書いてあります。大丈夫です。少しやればできます。

●私のカラオケ履歴
私がはじめてカラオケ屋に行ったのは1998年、19歳の時で、ちょっと遅いデビューでした。当時仲の良かった友人に連れられて2人で行きました。その時の私は、一応カラオケで歌う用の曲も覚えて行ったのですが、それでも10曲も歌える歌がなかったと思います(今は200曲ぐらいレパートリーがあります)。
今でもよく覚えてますが、本当にこの時はめちゃくちゃでした。まず、流れてくる音楽に歌を合わせることができない。そして音程が合わない。特に高音域がまるっきり出ない。何とか出そうとして大声出すものだから、酸素が足らず頻繁に息継ぎするし、身体も疲れる。二人で2時間、私は8曲ぐらい歌って(河村隆一等)、喉がかれ、身体も疲れ果ててカラオケ屋を後にしました。

直後はもう二度と行きたくないと思いましたが、しばらくすると悔しくなってきて、少し家で練習して、同じ友人と再び一緒に行ったら、今度は前回より上手く、いや、ちょっとだけマシに歌えました。
それから少しカラオケが面白くなってきたので、何度か彼とカラオケに行って、どうやったら上手く歌えるかを研究していました。しかし彼とは少し離れた所に住んでいたので、そう頻繁に一緒にカラオケに行けるわけではありませんでした。なので、はじめはかなり恥ずかしかったですが、私は一人でカラオケに行くことにしました。

当時私は学生だったので時間も融通がきき、安い昼料金(1時間180円)の時間帯に、週に2回程度、3時間ほど歌ってました。じきにテープレコーダーを持っていって、録音して家に帰って聴くようになりました。2回ぐらい聴いて、ちょっとした気付きがあったり、課題を見つけては、またカラオケに行って試す。それの繰り返しでした。

少し経つと一緒にカラオケに行った友人達(前述の彼ではありません)からは上手いと言われるようになりました。今から考えると全然大したことないのですが、あのレベルで上手いと言われるということは、カラオケの技量は、本質的な歌唱力を磨かなくとも、ちょっとしたテクニックや心がけを身につけるだけでもずいぶんと改善できるということだと思います。

そんなこんなで、途中仕事が忙しく一時期中断していた時もありますが、カラオケに主に一人で行き続け、はや15年以上経ちました。
2004年頃までは録音をテープレコーダーでやっていたのですが、録音テープはすべて無くなってしまいました(おかんがゴミと思って勝手に捨てた(泣))。それ以降はボイスレコーダを使って、すべてパソコンにデータを移して記録を残しています。
時折数年前の歌声を聴きながら、この頃はまだまだだったなあ、と感慨にふけることもありますが、今も私は自分のレベルに満足することなく、15年経つのにに飽きることもなく、一人ボイスレコーダーの前で歌い続けています。

●一人カラオケのすすめ
最近ハヤっているみたいですね、一人カラオケ、いわゆる「ヒトカラ」。やってみたいけど、まだ抵抗のあるという人も多いみたいです。
しかし、ちょっとでもカラオケが好きな人には、是非一人カラオケをお勧めします。はまること請け合いです。一人カラオケのメリットを挙げると、
・好きな時行ける
・順番を待つ必要なし。好きなだけ好きな歌を連発で歌える(貧乏だった学生の頃は、人と行くなんて金の無駄だとおもってました(笑))
・裏声の練習とか人前で出来ないことが出来る
・人前で歌いにくい曲(アニソン、ゲームの歌等)も心おきなく歌える
・練習のため何度も同じ曲を入れるのもあり
etc.

一人だと店員さんに変な顔されたり、利用を断られたりしないだろうか?と心配してしまう慎み深い方々もいるかもしれませんが、私は15年以上ヒトカラをやっていて、そんな目にあったことは一度もありません。初めのころは恥ずかしくて店員さんと目が合わせられなかったですが、自意識過剰でしたね。
以前(2005年ぐらいまで)は、一人でカラオケ行っていると知り合いに言うと「えっ?」って顔されましたが、最近はヒトカラ人口も増え市民権を得たのか、堂々とヒトカラーを名乗れる雰囲気になったみたいです。
友達いないわけではないですから!

<目次>
1.カラオケ入門編

2.カラオケ上達超基礎編

3.カラオケ上達初級編

4.カラオケ上達中級編

5.カラオケ上達上級編

6.それでも上手く歌えない人のためのごまかしテクニック

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ