アイシル?過激派組織IS?分かりにくいんじゃ!!

isilyobina
出典(http://www.huffingtonpost.jp)

後藤さんと湯川さんが殺害されてから、遠い国の出来事ではなくなった「イスラム国」の横暴。
しかし、テレビでは最近、イスラム国という呼称を使わなくなっている。

そもそも国じゃないし、本当のイスラムの教えからも遠い。
だから、誤解を生まないように別の名称で呼ぶ風潮が生まれている。

NHKでは2月半ばから「過激派組織IS」という呼称を用いている。
ISとはIslamic Stateの略字で、これをこれまでイスラム国と訳していた。
ISだけだと何のことかわかりにくいから、頭に過激派組織とつけてそれっぽくしている。

政府や安部総理はISIL(アイシル)という呼称を用いている。
ISILはIslamic State in Iraq and the Levant(イラク・レバントのイスラム国)の略である。
なんか、アイシテルに近いし、変な呼び方だが、そのうち慣れるかもしれない。

他では、ISIS(Islamic State of Iraq and Syria)という言い方もよく見る。

ISもISILもISISも英語でしかも略称の呼び方なので日本人的には分かりにくい。

アルカイダのように訳しようがない場合が仕方ないが、日本語訳があるならやはり訳す方が自然でわかりやすい。

どうしてもイスラム国と言いたくないのは分かるが、それならもっと適切な日本語訳を考えるほうが筋ではないか。

とはいえ、Islamic Stateは普通に訳すとどうしてもイスラム国になってしまう。

そこで、マスコミお得意の「自称」「~名乗る組織」にすればどうだろうか。

「自称イスラム国」「イスラム国を名乗る組織」ならイスラム国を認めてないよ、というニュアンスが伝わるだろう。

しかし、個人的には別にイスラム国のままでいいじゃないかと思う。

あれが正式な国ではないことは殆どの人が知っていると思う。だから国と誤解することはないと思うのだが、楽観的すぎるか?

本物のイスラム教徒はイスラムを名乗るイスラム国を不快に思っており、イスラム国という呼称を用いないようにマスコミに訴えているが、筋としては訴える先はイスラム国そのものだろう。「あなたたちはイスラムじゃないから改名してください」と。

日本では、「生活の党と山本太郎となかまたち」という愉快な党名も許されるわけだから、イスラム国も仕方ないじゃないか?。

これからどの呼び名が主流になっていくか少し興味深い。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ