フィジーの雨季

<概要>
11月になって、曇や雨の日が増えてきた。雨季の始まりだ。
この頃は仕事はやや暇だった。ルーチンワークを日々こなす感じ。
また、インド人の祭り「ディワリ」もこの時期。
良い思い出だ。

11月1日
月曜日。これまで晴天続きのラウトカも最近は曇りがちで雨が降ることも多い。いよいよ雨季がやってきたようだ。雨が降るとどうなるか。植物がものすごいスピードで育っている。処分場のコンポストヤードもこれまでと景色が一変して、緑に覆われている。畑の中にも雑草が生えてきて、引っこ抜くのに大変だった。さらに野積みにしてあるコンポストも雑草に覆われていたのでこれも手作業で引き抜いた。これから帰国まで雑草と闘い続けるのだろう。
ちなみに頼んでないのに、同僚が12時半にコンポストヤードに迎えに来るからと言って、多分来ないんだろうなあと思いつつ、待っていたらやっぱり来なかった。以前は腹を立てていたが、もう慣れているので怒りはしない。ただそう言われると一応待っておかないといけないのが面倒臭いなあと思うだけである。しかし、歩いて帰ってくる途中、変なおっさんが金せびってきたのは本当にだるい。まだ慣れない。
夜はよくわからんパーティーみたいなのが市役所であった。ひたすらグロッグのんで眠たくなっていた。

zassou1
畑も雑草だらけ

zassou2
商品のコンポストにも雑草が…

11月2日
今日は会議に出た以外は、仕事をしなかった。最近あまり仕事がない。週に3回のコンポストモニタリングと時々ある臨時の作業以外は何もしてない。しかし経験上、ここでじたばたするとかえって良くないことがわかっている。また忙しい時期も来ると思われるので、その時までのんびりやろうと構えている。
夕方は新人のキット君にチャーハン作りの指導を行った。これから私が帰国するまで色々伝えて行きたい。
夜は、最近日本人学生の無料相談員と化している、悩めるアリーの相談に乗って、酒飲んで寝た。

11月3日
昼前に現場に行った。いつの間にか、実験畑の横にキャッサバ畑が出来ていた。土地があったらとりあえずキャッサバの方程式だ。しかし、ワーカーさんは今日もマーケットゴミからキャッサバを拾っていた。本当にキャッサバ大好きだ。
現場から帰る途中、街のはずれで、怪しい男に声をかけられた。人通りは少なく、襲撃されたら少し厳しいか。そいつを無視して早足で進んで行ったが、走って追いかけてきて横に並んだ。「スモーク?」。何だ、タバコが欲しいだけかと思って、いや俺はタバコは持ってない、と答えたら、なにやら様子が違う。彼は紙で包まれた何かを持っていた。なるほど、マ◯ファナの売人である。面倒臭いのでもちろん無視した。実はフィジーではマ◯ファナは結構広まっているみたいで値段も安いらしい。でももちろん違法である。

khatake
突然キャッサバ畑出現

dewari1
もうすぐヒンドゥー最大のお祭り「ディワリ」がある。クリスマスみたいに宗教や民族関係なく、みんな大はしゃぎ。職場もデコレーションされて(風船はすべて私が膨らました)、私も何やら楽しげな気分になる。

11月4日
明日はディワリ(ヒンドゥーの祭り)なので、それを祝って今日のティータイムにはインディアンスイーツ&スナックがいっぱい出てきた。スイーツは甘すぎるので私はあまり好きではないが、今日は特別にいっぱい食べた。
午前中にマーケットに行って、現像した写真を知り合いのおっちゃんとかにあげたら喜んでいた。来週からまたマーケットの分別収集に立ち会おうと思う。そのままコンポストヤードに行って、ちょっとモニタリングして、給料を配達に来た市役所の車に乗って帰ってきた。途中、アイスクリームを買ってもらったがいいが、あまりに暑いせいか、猛スピードで融けていくので服が汚れて真っ赤かになった。
しかし、今日はお祭りムードで皆仕事をしている気配がなかった。
帰ってきて、キット君に野菜炒めの修行をさせて、一緒に酒飲んで、9時ごろに中本君が来た後、彼らに後を託して寝た。

sunack
インディアンスイーツ&スナックの数々

sari
インド女性は皆サリーを着てくる。なぜかこの時期、フィジアン女性も着てたりする。

11月5日
ハッピーディワリ。今日は金曜日であるが祝日で仕事はお休み。ヒンドゥー歴のお正月であるが、日本の正月のような厳かさはなく、電飾で家を飾り、花火で遊ぶという派手なお祭りである。また、ヒンドゥー以外の人も友人等の家に誘われて、一緒に騒ぐようである。私も夜にCP(シャレン)の家に招待された。
彼の家も綺麗に飾られており、フィジアンの知り合いも訪ねて来ていた。まずは軽くインディアンスイーツをいただいて、そのあとみんなで花火をした。久々の花火はなかなか楽しかった。日本でも花火はやるが、街中のみんなが一斉に花火をするという光景はあまり日本ではない。本当に隣の家も前の家も同じように花火をして、遠くには打ち上げ花火が途切れることなく見ることが出来た。ビシビシと特別なお祭り感が漂っている。
ひとしきり花火を済ませた後、みんなでディナー。彼の奥さん手製のベジタブルカレーである。彼らはベジタリアンではないが、ディワリ中は肉は食べてはいけないらしい。私は肉の入ってないカレーはあまり好きではないのだが、このカレーは美味しかった。多分特別に料理された物なのだろう。
9時過ぎにCPに車で送ってもらって帰宅。私の家の周りも同じく派手な電飾とうるさいほどの花火の音でいっぱいだった。それに比べて我が家は暗く、アリーも先に寝ていて静かだった。祭り終了。しかし、今日はインディアン文化に触れることが出来て有意義な一日だった。

diwari1
CPの家もド派手にデコレーションされている。いっとウキウキしながら準備したんだろうな…。

diwari2
子供も大はしゃぎで花火をする。ディワリは光のお祭りでもあるらしいので、とにかく明るくやる。

11月6日
朝から2万円の情報商材を購入して勉強。この1年、特にこの1カ月の自分に対する怒りが積もり積もって、酒飲んで寝ても収まらない。ベジータみたいに自分に対する怒りで超サイア人に覚醒したい。
夕方にキット君にインドカレーの作り方伝授して一緒に食べた。その後アリーが帰ってきたので3人で酒。キット君が、ずっとロンリーなままの先輩隊員2人の前で、彼女自慢してきたので、今日もいじめてあげた。

●過去を振り返って
不甲斐ない自分に怒っていた。でも超サイヤ人にはなれなかった。いまも下級戦士のままだ。

11月7日
昼過ぎにSVのOさんに招かれたので私とアリーとキット君の3人で行ってきた。美味しいご飯と、ビールをあまり飲まない私のためにワインを用意していただいてありがたかった。2時間ぐらいして、彼らはまだまだ元気そうだったが、私がダウンしたのでタクシーで家に帰った。私はすぐに寝た。3時間ぐらいして、目が覚めたら彼らはリビングでまだ飲んでいた。あほかと思ったが、二日酔い状態の私と比べて彼らの元気さがうらやましかった。それからまた私は寝て、2時間ぐらいしたら、まだ飲んでるし。でもアリーはヘベレケでつぶれかかってて、すぐに自分の部屋に行って寝てしまった。後はケロっとしているキット君が一人…。ラウトカの序列が入れ替わったようである。その後しばらくして彼も寝た。そして深夜にしてようやく目が冴えて来た私は一人酒を飲んで、自分がすっかり過去の人物と化していることしみじみ味わっていた。

11月8日
通にいたが、すぐに帰っていった。アリーと晩飯食べてしばらくすると、アリーは最近の過度の飲酒により血便が出たと言う。アルコール消毒した方がいいかなあとか言っていたのでその時はもちろん止めた。しかし、7時半ぐらいになると我慢できなくなったらしく、しょうがないので2人で飲んだ。明日は彼は出血多量で死んでるかも知れんが、ここまでくると本望だろう。

nijiuki
ちょっとわかりにくいが、帰宅途中に虹を見たのでパシャリ。アリーが生きて日本に帰れますように。

11月9日
午前中現場、午後はオフィスで別の事してた。平和な一日だった。
アリーの職場にやってくるロティー売りのおじさんの家が最近燃えてしまったらしい。一セット2ドルのロティー何万個分に当たるのだろうか。それを知ってしまったアリーは大して食べたくもないロティーを毎日2個も頼んでいるそうな。しかも5ドル札で払った時は、お釣りをくれないらしいがそれでもアリーも何も言わないそうな。ちょっといい話。

●過去を振り返って
アリーはとても優しい男だが、その優しさを結局ロティー屋のおっちゃんに利用された。
アリーも悩んでいた。
でも、俺はそんなアリーが大好きだった。

11月10日
一日中書き物してた。ずっとオフィスにいたが、意外に疲れた。
夕方はキット君に野菜炒めの指導。自信の無さが味の薄さにつながっているようだ。もっと思いっきりやってもよい。
アリーは今日も5ドルの割高料金でロティーを買ったそうな。この先、任期が終わるまで一年以上買い続けるようだ。ロティー屋のおっちゃんの家がはやく再建出来ますように。

11月11日
午前中に現場。しかし、昨日今日と、ワーカーさんが休んでいるのでマーケットゴミの回収はストップしていた。一年前なら憤慨していたところだが、これがフィジーなのでしょうがないと思っている。帰ってきて書き物して一日が終わった。
今日はキット君に野菜炒めの見本見せてくださいと言われたので、久々に自分で作った。昨日キット君が薄味のやつをつくったので、そうならないように意識したら逆に味がきつくなってしまったかもしれない。難しいものだ。
かなり疲れていたのでコップ一杯酒を飲んで8時半ぐらいに寝た。明日からアリーが任国外旅行でニュージランドに行くので独り暮らしになる。

●過去を振り返って
隊員は2年に1回、任国外の国へ旅行できる。もちろん自費で、行かなくてもいいのだが、行く人が多い。
フィジーの場合、周辺にあるニュージーランドが一番人気だった。
俺は任国外旅行はしないで2年間ずっとフィジーにいた。

11月12日
今日の新聞に載った。といっても私の記事ではなく、昼休みに暇そうにしてたら、CPに呼ばれてわけわからんまま集合写真を撮られただけである。記事の内容はジャイカの廃棄物プロジェクトの話で、取材はジャイカ専門家の方が受けていた。なお、写真の中央に映っているのはマーケットコンポストである。あまり私には関係がない記事なので、家の壁に張ったりはしない。
夕方からラウトカ隊員3人で高級中華を食べに行った。うまかったが繁盛してないのが気になった。
昨日と同じく、寝る前コップ一杯だけ酒飲んで寝た。

11月13日
土曜日。いつもどおり5時に起きたが、6時ぐらいにナンディの吉川さんから連絡があって、8時からクリーンアップに参加せよとのこと。いきなりでとまどったが、持ち前のボランティア精神を発揮して、集合場所のナンディ空港に向かった。なお、家に泊まっていたキット君も叩き起して連れて行った。それにしても朝から雨が降っていて寒い。本当にやるのか不安に思ったが、8時半ぐらいにスタートした。集合の際、参加者全員に緑のTシャツをもらったが、肩の部分にジャイカのロゴが。良くわからんが吉川さんがプロジェクトに金を出させたのだろう。やるものだ。

さて、雨の中20人ぐらいの人間で空港から市街地までをゴミを拾って歩いた。私は日本から持ってきた火箸を使った。日本でゴミ拾いといえばこれだが、フィジーでそういう物は使わなくて手で拾う。しかし、火箸を使ったゴミ拾いに興味シンシンで貸してあげると「バーベキューみたい」とかいってノリノリでゴミを拾っていた。寒かったが、かなり本気でゴミ拾いしたのであまり気にならず、2時間程度でゴールにたどり着いた。達成感はあったが、これが自分の街ではなく隣街なのがちょっと残念だった。

ラウトカでキット君とチョプシー食べて買い物して家に帰った。疲れていたのですぐに寝た。
そして6時半ぐらいから職場の同僚のロニカさんの家のパーティーにキット君と行った。市役所の人かいっぱい来ていたがそれ以外の吉川さんとかジャイカ専門家の川島さんも来ていた。みんなビールを飲んでいたけど私はひたすらグロッグを飲んできた。最終的には私の前に容器が置かれて飲み放題になった。キット君は子供とずっと遊んでいた。さすが先生隊員である。
しかし、10時ぐらいになって胃が限界になったので、帰ろうとするとこれからディナーだという。ありえん、と思って丁重に断ろうとしたが、無理やりカレーを食べされられ、かなり厳しい状況になった。本当にフィジー人の胃袋はどうなっているんだと恐れ入った。
家に帰ってきてキット君はさらに酒飲んでお菓子食っていて、あー、皆が変なのではなく私が弱いだけなのだと、ショックを受けて寝た。

cleas
雨と寒さを防ぐためバスタオル巻いてゴミ拾い。

11月14日
日曜日。一日中雨、そして一日中家にいた。ちょくちょく作業しながら、ちょいちょい酒飲んで、昼寝。夕方キット君がやってきて夕飯。今日はブラックビーン野菜炒めとモザのお浸しを二人で作る。ビナカ。夜も酒。9時ごろ就寝。

11月15日
月曜日。この3日ほど断続的に雨が降り続いている。通勤や、現場に行くのにどうしても外を歩かなければならないのでいつも濡れている。靴も濡れて足が臭い。洗濯ものも乾かない。気分もさえず、正直仕事サボって家で寝てようかと思った。結局行ったが。
雨が嫌ならいつもの青空広がる天気が好きかと言われると、それも嫌いである。暑すぎるから。
日本の10月ぐらいの気候が一番合うのだが、フィジーはそこまで気温が下がらない。日本か…。ちょっと懐かしくなってきたかなあ。

11月16日
今日は何もせんかった。しかし、私だけでなく同僚も最近暇そうである。昼休みにグロッグやったりしてるし、フィジーらしくなってきた。
帰ってきてキット君と飯を作る。豚肉豆野菜炒め60点の出来だった。キット君といると、なんだかアリーの存在を忘れそうである。
飯の後はひたすら作業。
コップ2杯飲んで寝た。寝てる時ゴキブリが身体に上ってきたので払いのけたら、驚いたのかそこらで暴れまくってうるさかった。最後はスプレーで寝てもらった。

11月17日
今日も何もせんかった。長らくの懸念事項であったマーケットの野菜ゴミの分別収集であるが、今まで市役所のワーカーさんがやっていたが、今後は業者委託でやってくれるようになった。ワーカーさんも忙しい(またはすぐに休む)ので野菜ゴミ回収量も最近減っていた事が心配だったので、金を払って業者さんにやってもらうのは大きな進歩である。

11月18日
午前中は現場。午後から3Rプロモーションビデオの撮影に立ち会った。ホームコンポストのやり方を紹介する映像を取るため、プロに頼んで撮影してもらった。モデルは素人のインディアンのおばちゃんであるが、この人がセリフと動きが同時にできない人で、撮影は難航を極めた。頑張ってくれていたのだが、結局この日のうちに撮影は終わらなかったらしい。私はグロッグ飲んでみてただけであったが、で帰った。
今日の晩飯はキット君と豚骨ラーメンを作った。その後8時まで作業。コップ2杯飲んで就寝。

11月19日
午前中はナンディに吉川さん主催のミーティングにボスとCPとで行ってきた。ナンディ、ラウトカでやっているクリーンスクールプログラム(学校3Rの促進)の主催を教育省にやってもらいたいとのこと。確かに色々な面でそのアイデアは理にかなっているが、教育省としては予算も取られるし、余計な仕事が増えるためなかなかイエスと言わないだろう。表向きラウトカ、ナンディが教育省に提案する形だが実際は多分吉川さんが教育省の大物と直接交渉していくのだろう。大変である。
一方私は今日も暇。楽しい一週間だった。しかし、そろそろ何かやろうと思うので来週末からナンディのお祭りでゴミ分別でもしてこようと思う。
家に帰って一人で飯。9時まで作業。2杯飲んで寝た。しかし11時半ぐらいにキット君が寝床を探してやってきた。彼も大変である。

11月20日
土曜日。午前中キット君と買い物。昼飯にチョプシーを食べた。彼はテーブルに置いてあるチリの酢漬けを8本も食べた。まだフィジーに来てちょっとしか経ってないのに、すごいポテンシャルだ。
帰ってきて、しばらく作業。草刈りのトラブルでちょっと不愉快になったが、ちょっとワイン飲んで、夕飯作り。今日は空芯菜の野菜炒め。全部彼に任せたが、今日はなかなか良かった。
晩飯後は酒飲んで、チョプシーおよび第二回チョプシーツアーについて熱く語って9時ごろ就寝。

●過去を振り返って
庭の芝生が伸びていると近所から苦情が来る。蚊の住処になったり、留守と思われて防犯上よくないからだ。

11月21日
朝から草刈りのトラブルでめんどくさかったが、昼からキット君と料理研究「たこ焼き」に挑戦した。私は一度やったことはあるし、彼も関西人なので、特に練習することなく丸く焼き上げる事ができた。途中いろいろ味を変えて、中華味にしたり、ラー油で揚げてみたり、実験したが、結局一番シンプルな、和風味が最も上手かった。あとは卵を増量して明石焼きにしたのも上品で、客に出せるレベルの味だった。
作るのと食べるのを同時にこなしつつ約4時間で終了した。疲れたが、これまで料理研究は一人でやっていたので今回はずいぶんと楽させてもらった。
食後はしばらく作業。7時半から晩飯。スパゲッティーに決めたので、彼にソースを作ってもらったが、あまりに量が少ないのですぐにダメだしをして、もうひとつ作ってもらった。食べながら、今後の改善点を議論して彼はこれからペペロンチーノの極めると宣言した。
なんだかんだで今日も食べてばっかりの一日だった。

11月22日
月曜日。午前中現場。コンポストヤードの手入れ。私と入れ違いに、フィジーの学生が処分場の見学に来ていたらしい。そして引率のオイスカのYさんからコンポストヤードについてダメだしされた。見た目が良くなく、せっかく素晴らしいことをしているのにアピールできてないと言われてしまった。確かに、その通りであるが、コンポスト製造法がまだ確立されておらず、試行錯誤の状態であるのでどうしても散らかってしまう、というのが私のいいわけである。とりあえず12月初めにODA関係のプレスが視察にくるのでそれまでに綺麗にしようということになった。
そんなこんなで今日は久々にまともに仕事をした。
帰宅すると、アリーがいた。任国外旅行でニュージランドに10日間行っていたのだった。お土産はなんとウイスキー。キット君も交えて3人で飲みつつNZの話を聞いた。一言で言うと、ずごく楽しかったということになるが、NZに行った人は皆そう言って帰ってくる。フィジー隊員の任国外旅行の一番人気である。途中でお土産のサーモンの燻製みたいなのもいただいてビナカッチャンだった。
楽しかったのはいいが、これから一年以上続くフィジー生活が白けたものにならないことを祈る。

11月23日
なんかうまくいかない一日だった。へこんだまま家に帰ると、キット君がハンバーグを作っていた。なんでも昔ファミレスでバイトしていたそうな。ビナカだった。食後はしばらく作業。こちらも苦戦した。結局ウイスキー2杯飲んで寝た。
フィジーに来て20カ月が経過した。残すところ1/6である。最近パッとしないが、これからどうしようか…。

11月24日
午前中はナンディで会議。今週末から一週間ナンディのヘルプに行くかもしれない。また、12月初めまでにコンポスト実験のレポートを書いてくれと言われたので、これもやらなくてはならない。また、コンポスト実験場の整備もしなくてはならない。プライベートでも色々作業があるし、急に忙しくなってきた。この一カ月暇だったけど、ようやく次の山が来たか、という感じだ。この先2,3週間は頑張って、そのあとはちょっと仕事休んで旅行に行きたい。

11月25日
5時起床。2時間ほど作業に追われていたら朝飯食べる時間がなかった。
午前中は現場にいったのはいいが、グロッグを大量に飲んだので眠くてしょうがなくなった。なので昼飯も食べれなかった。午後もだるくて仕事にならず。買い物して帰宅。今日は久々に一人で作って一人で食べた。
食後は酒ものまず。すぐに就寝。疲労もたまっているし、グロッグが効いた。

11月26日
昼飯はアリーの職場でロティを食べた。例の家が燃えちゃったおっちゃんのやつで、今日はお勧めのチキンレバーカリーだったので、わざわざ出向いたわけである。そしてやっぱりうまかった。3セットで10ドルだそうな。本当は9ドルだけど、アリーの場合は特別価格らしい。逆に高くなる。
午後から雨の中現場で草むしり。疲れた。グロッグのんでオフィスに戻って、あっという間に4時で今週も終了。
今日も晩飯は一人で作って一人で食べた。食べてる最中に緊急連絡網でサイクロンが接近しているらしいとのこと。今年もいよいよやってきたか。
8時半過ぎアリーが帰宅。それから久々に二人で飲んだ。NZ土産のウイスキーを早くも一本空けてしまった。
10時過ぎ就寝。明日は土曜日だがナンディにゴミ拾いに行く予定。忙しくなる。

←青年海外協力隊奮闘記目次に戻る 次の日記:ブラフェスティバルのゴミ拾い→

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ