金欠の日々

<概要>
この時期は金が無かった。
生活費はJICAから支給されるのだが、飲み食いしすぎて金がなかった。前からそうだったが、アリーが来てから加速した。
日本にある貯金を切り崩せばいいのだが、それはやらなかった。
金はなかったが、それなりに楽しくやっていた。

3月1日
アリーとナンディに買い物に行った。昼飯は一休(日本料理屋)にしようと思っていたが、休みだったので向かいにある怪しい中華料理屋にした。
私はラーメンと餃子、アリーはスープと焼き肉ご飯を注文した。先にラーメンが出てきたが…、まずくはないが、残念ながら失格。アリーの方も既にお怒りの様子。それから40分ぐらして餃子が出てきた。暇だったからよかったが、時間かかりすぎ。味はまあ、美味しかった。量がやや多かったのでアリーはいつものごとく全部食べきれなかった。そしてお勘定は一人18ドルだった。二人とも今月苦しいのに思わず散財してしまった。アリーはふてくされていた。その後買い物済まして、ラウトカ帰ってきて3連休の最後を静かに過ごした。

3月2日
3連休で少し生活リズムが狂ったので、今日は朝から体がだるかった。午前中にプレゼンやって、午後もオフィスで事務仕事をしていた。帰りに銀行口座の金を下ろした。残額1ドルなのでほぼ全額である。色々計算したが、3月は食費と酒代で100ドルで生活しなくてはならない。普段の3分の一である。絶対無理。

3月3日
朝からカウンターパートに急な作業を頼まれて今日は現場に行けなかった。その代わり、送別会でやる漫才の台本をずっと書いていた。ちょっと品がない話になったが、アリーも乗り気になってくれたので、もうちょっと修正して完成させたい。ちなみに昨日は今月飲食代100ドルしか使えない、とか言っておきながらこの日はいきなり50ドルも使ってしまった。漫才のネタみたいである(自分でつっこんだが)。

3月4日
今朝出勤途中、虹を見た。今日はいいことありそうだぞ、と思ったが、特に何もない一日だった。でもそれがいい。
niji

見えにくいけど、中央に虹がでている

3月5日
金曜日。仕事はあっさり終了。今日はフィジー西部地区送別会があるのでさっさと買い物してタクシーで家に帰った。今日の一品はマーボー茄子豆腐。今回の会場はSVのMさんところであった。7時開始が8時前開始。参加者は9名。主賓はラウトカのリーダー松下さんとラキラキの高雄さんであった。
本日は自分ちではなく、また、幹事の一人なので、Mさんの家では酒を飲まなかった。でも、料理はおいしく特にSVの方の魚がかなりおいしかった。会の最後の方に私と美川さんとアリーで買ったプレゼントと美川さんが昨晩3時までかかって作ったメッセージカードを渡した。そしてサプライズとして3月生まれのアリーと吉川さんにもプレゼントとカードを渡した。これは私と美川さんでやった。そんなこんなで11時前にお暇して家に帰って二次会。お役御免で、ようやく酒が飲めるが、まずはカバで。その後ワインをちびちびやって、帰る人が帰った後はアリーに任せて寝た。

3月6日
土曜日。私は料理研究でアリーは大掃除という先週と同じパターン。今日はサンドイッチに初挑戦。玉子、ツナマヨ、ベーコン、レタスの標準的な材料で作った。初めて作ったが、うまくいった。これはレパートリーに入れてよいかと思う。アリーはリビングをお掃除。レイアウトも少し変って、部屋が少し広くなった。ありがとう。ところで
我が家のリビングの壁にはラウトカ周辺の隊員の新聞記事を張っているが、また新たな一枚が加わった。近所の美川隊員の、半年前の記事なのだが、が加わった。そして私の新聞に載った時用のスペースがなくなった。まあ、必要なかったのだが。

●過去を振り返って
フィジーは小さな国なので、ちょっとしたことでも新聞に載ることがよくある。隊員の活動もよく新聞に載っていた。

3月7日
昼過ぎに客来た。アリーにがんばってもらった。私はいつものごとく酒飲んで途中でねてしまった。私以外は夕方タウンに飲みに行って、帰ってきたのが12時前だった。そして帰ってきてもまた酒…。もう私の時代は終わったと思った。

3月8日
月曜日。午前中現場で肉体労働したらかなり疲弊した。昼は珍しく松下さんと行きつけのナニースという中華飯屋で食べた。彼女はもうすぐ帰国するのでラストナニースのつもりだったのかもしれない。仕事終わって、アリーに日本からの救援物資が届いたので、また日本食のストックが増えた。晩飯はうどんだった。ビナカ。この日は疲れたので早めに寝た。

●過去を振り返って
ビナカとはフィジー語で、ありがとう・美味しい・良い、の意味。

3月9日
午後から松下隊員の最終報告会に行った。調整員もラウトカ隊員も集まって彼女の学校の生徒に混じって話を聞いた。一時間半ぐらいの熱のこもった報告会だった。密度の高い2年間だったのだなあと感じた。6時からいつもの高級中華レストランで皆でお食事会。松下さんの慰労会だったはずが、私は飲み過ぎて…。まあ、いつものとおりだった。そのあと家でアリーと美川さんで少し飲んだ。

3月10日
午前現場、午後オフィス。仕事終わってアリーと買い物。飯食って、漫才の練習。彼は平日なのにビールを飲んでいたが、よい子の私は10時前に寝た。

3月11日
月の初めは支払いの明細書がたくさんやってくる。金欠の私には身を切られるように痛い。しかも、インターネット料金の請求が多分間違ってるし、明日苦情を言いに行かなければいけない。今日も10時前に寝た。

3月12日
金曜日。インターネット料金の苦情に行ったが、やっぱり向こうが間違っていた。ごめんの一言も無く、多分よくあることなのだろう。仕事の後いったん家に帰って準備をして、アリーとスバに向かった。明日の隊員送別会に出席するためである。10時ごろドミトリー到着。早速飲み会。一応ワインを持って行ったが、送別会用のをがっつり飲んだ。そして久々に麻雀をやって、4ドル勝った。しかし、なぜかその晩は野郎しかいなかったので、酔っぱらって静かに寝た。

●過去を振り返って
誤請求はフィジーではよくある。当たり前なので向こうも謝ったりしない。日本人的には腹が立つが、仕方ない。

3月13日
7時起床。しばらくしてタウンに行って、買い物をした。金がないのに、カレー食べて、インスタントラーメン買った。その後湯川さん所に行ってウクレレの練習をした。2時間ぐらい練習して、ドミに戻った。送別会が始まったがいいが、私は出し物があるので、飲むわけにもいかず、ひとしきり御馳走をいただいた後、ふてくされて寝室で寝ていた。
1時間半ぐらいしてから起きて、アリーとネタの最終確認をした。そして、3時30分、新漫才コンビ「ラウトカブラザーズ」がデビューした。
この2週間ほど、台本を何度も何度も練って、時には全部没にして、仕事中もそのことがあたまを離れず…。そして、二人で何度も練習した日々。私が台本を書いたにも関わらず、何度もセリフを間違って自己嫌悪に陥ったが、アリーがいたからがんばれたよ。
で、練習の甲斐あって、セリフは間違えなかった。しかし、思ったほど受けなかったかもしれない。うーん、お笑いは難しい。このことを考えると、笑いどころかつい顔が厳しくなってしまう。そして、ひとつ出し物を挟んだ後、再びステージにあがった。

「次長+3人組」というウクレレ隊新ユニットがこれまたデビューした。ジャイカ事務所の次長と私と湯川さんと並田さん隊員3名で「栄光の架け橋」と「夜空ノムコウ」をウクレレ伴奏の歌で披露した。全体的にまあまあだったと思うが、次長に関しては次回に奮起を期待します…。全部で3つの出し物のうち、2つに出場した私はもう立派に宴会係なので、今後の隊員活動の柱にしていきたい。さて、無事に出し物が終わったのでそれから猛スピードでワインを飲んだ。そして、しばらく床で寝て、ベッドに移動してその日は終わった。

3月14日
日曜日。6時起床。まだ外は真っ暗。サイクロンが近づいているせいか、風が強い。明るくなってからドミを出て、ラウトカに戻った。家に戻って来た時の財布には4ドルしかのこっていなかった(しかも全部小銭)。また、部屋でメールチェックすると、もう次の送別会のオファーが届いていてびっくりした。夜になってアリーが帰ってきて、美川さんと松下さんも家にやってきて、飲んで私は先に寝た。

3月15日
月曜日。仕事のはずが今日はお休み。と言うのもフィジーにサイクロンが近づいてきて、フィジー全土に外出禁止令が出たからである。しかしながら、今日はまだ、ラウトカからかなり遠い場所にあり、しかも速度がかなり遅い。こちらでは曇っている以外は、特に影響がない、逆に過ごしやすい一日だった。しかし、タウンでは店のほとんどが閉まっており、野菜等が買えなかった。しかしアリーは秘密の店でビールをひとケース買ってきて、一人で一日中飲んでいた。私はひたすら寝まくった一日だった。

3月16日
今日もサイクロンのせいでお休み。今日は中間報告のプレゼンを仕上げようと思っていたら、朝からバカアリーが酒買ってきて私に勧めるものだから少しだけお付き合いと思ったら、彼の策略に引っ掛かってガンガン飲んでしまい、昼過ぎにダウンした。起きたら夜、二日酔い状態。結局この日は何もできなかった。なお、サイクロンの影響は全くなかった。わけのわからない連休だった。

3月17日
今日は仕事。午前中は現場に行った。珍しく雨が降っていた。雨に濡れながら仕事をしたが、汗に濡れるのとはまた違った気持ち悪さがあった。帰ってきてオフィスで仕事して終了。帰って、冷凍庫、冷蔵庫の残り物の処理。お土産のピザとかカレーとか正直ノーサンキューだと思った。脂っこすぎて胸が焼けた。そのあとこれまた人からもらったパパイヤを食べて、少し回復した。でもやっぱり夕食は自分で好きなもの作って食べるのが一番いい。その後は中間報告の準備。眠かった。

3月18日
今日は中間報告のための移動日。ミニバスで移動したら危険だから乗るなと言っただろう、と調整員に怒られた。いい歳してこのようなことで説教されるとは情けない…。夕方にドミに着いて、酒飲みながら漫画呼んで過ごした。

3月19日
フィジーに来てからおおよそ一年が経ち、中間報告会が開催された。一緒にフィジーにやってきた同期隊員の活動の軌跡を知ることが出来て励みになった。皆かなり一生懸命プレゼン準備をしていたようだが、持ち時間30分なのに私は十分程度で終わってしまった。これは誰かに伝えたいメッセージがなかったからである。ボランティアは自己満足ですから。晩から同期隊員数名で晩飯食べに行って、私は二次会には行かず、ドミに戻って寝た。

●過去を振り返って
青年海外協力隊員の任期は2年だが、中間の1年が終わる頃に中間発表会がある。1年経つとみな、それなりに活動が進んでいるものだ。俺もエンジンがかかるのは遅かったが、最近ではそれなりに頑張っていた。しかし、まだ途中のことも多いのであまり発表することもなかった。

←青年海外協力隊奮闘記目次に戻る 次の日記:フィジーに来て一年経過→

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ