新同居人アリ―との生活

<概要>
前同居人の岸田さんが帰国して以来、4ヶ月間一人暮らしだったが、新しくラウトカに来た隊員がうちにやってきた。
彼の名は「アリー」。
彼が来てから俺の生活はかなり変わった。
彼はとにかく豪快で酒の量も半端ない。
飯を作ったら2人しかいないのに15人前作ったりと、とにかく規格外。
しかし、彼は他人を気遣う心も持ち合わせていて、彼には数え切れないぐらい世話になった。
彼とは俺が帰国するまでの1年間を一緒に暮らしたが、あの頃の記録を読み返すと、今でもゲラゲラと笑ってしまう。

アリーが来てから俺の毎日はかなり楽しくなった。

2月4日
新同居人アリー(有田さん)。
いよいよ新同居人がやってきた。昨年9月に岸田さんが帰国して以来、4か月ほど一人暮らしをしていたが、それもこの日で終わり。一人暮らしも気楽でいいのだが、とくに最近はそれを退屈に思う事も多く、彼がやってきたタイミングは良かったと思う。
彼の名はアリー。自動車整備隊員である。
朝の10時ぐらいに職場の車でスバから家にやってきて、荷物置いて、すぐ職場に挨拶行って、昼過ぎぐらいに戻ってきた。私は9時ぐらいまでは職場にいたが、それから早退してずっと家にいた。ウエルカムカバを作って、そのあと3人でビール飲んだり(スバから迫田さんも来ていた)してるうちに夕方になって、近所の美川隊員の家で歓迎会をした。ラウトカホテルピザ、チキンエキスプレスのチキン、ココナッツミルク魚を女性陣が用意して、私は野菜サラダ、モザと特製思いつきドレッシングを作って持って行った。そこには何故か焼酎があったので、がぶ飲みして撃沈。10時ぐらいにお暇して帰った。彼もあまり細かい人ではなさそうなのでうまくやっていけるのではないかと思う。明日からが楽しみだ。

2月5日
今日は忙しかった。一週間分ぐらいの出来事が一日で起きた。
朝からホームコンポストのモニタリング、次にマーケットコンポストの現状を現地で説明して、休む間もなく処分場周辺水域の水質調査を実施した。水質調査は私の専門なのでじっくりやりたかったが、時間も十分になく、また、強烈に暑かったのでささっと終わらせた。その後デポに寄って、2日前に日記に書いた、犯罪牛の第二回オークションを見に行った。あとで聞いたらなんと400ドルで落札されたそうな。さよなら、牛。そして昼飯食べる暇もなくオフィスに帰って、コンポストマニュアルの打ち合わせ。

2月6日
朝7時起床。アリーが朝からがさごそやっている音を聞いて心配になって起きた。彼はまだ水道水をそのまま飲むのが怖いみたいで鍋2つで水を沸かしていた。そんな彼を温かく見守りながら、朝食のご飯を炊いた。彼には味噌汁を作ってもらった。ご飯を炊いている間、私は自分の部屋にいたのだが、彼はさらに出し巻き卵を作ってくれるとの事だったのだが、卵が一個しかなかった。でも彼はやってくれた。
「卵一個しかないんで水入れて増やしました。」
っ!卵焼きって水で増やせんのか。新たな発見をさせてもらった。ありがとう、おいしかったよ。朝飯のあとしばらく休憩して、昼過ぎから二人でタウンに出かけた。
彼もいろいろ買い物をして、私もマーケット行ったり、酒買ったり、そしてもちろん卵も買った。帰ったから私は自室でネットやったりしていたが、彼は家の食材庫を楽しそうに掃除していた。代々の隊員が残していった日本食の数々。しかしその大半は賞味期限を大幅に超過していた。それは知っていたが、掃除するのがめんどくさかったのでほったらかしにしていたが、彼はやってくれた。
そしておそらく岸田さんがのこしていったと思われる素麺を発見してそれが晩御飯になった。彼は夏ばてしてしまって、暴飲暴食が趣味と公言する彼もあまり食べられないそうな。ラウトカは特に暑いからなあ。明日からのメニューも考えないといけない。

●過去を振り返って
彼は性格は豪快だが、お腹は繊細だった。

2月7日
日曜日。朝はアリーに起こされた。彼は朝からチャーハンを作ってくれるらしい。作ってくれたが、彼は食欲がなく半分しか食べられなかったので私が1.5人前食べた。昼は昨日上に住むスニルさんからもらったカレーを食べた。
日曜は基本的に暇なので、二人でカバ飲んだり昼寝したりして過ごした。晩飯は残りのカレーに冷蔵庫の余りの野菜とかを入れた、スペシャルカレーを私が作った。その後ビール飲んで駒ケ根の話とかした。ビールの消費量がはんぱではないので、平日禁酒を確認した。

●過去を振り返って
この平日禁酒の誓いはすぐに破られることになる(笑)。

2月8日
月曜日。今日は普通に仕事は順調だった。帰って、水が出なかったので、お湯のタンクのやつを使っていたらそれもなくなってしまったので、今週もはじまったばかりなのに早くもこれから水不足と闘う羽目になった。2人だと減りが速い。

2月9日
今日は一日中オフィスワーク。先週の金曜日にやった、処分場の水質調査のレポートを書いていた。これだけは専門なので妥協のないものに仕上げたい。家に帰って、晩飯はアリーチャーハン、レバニラ、うどんスープだった。カナビナカ。水も8時ぐらいから出るようになって今日は無難に一日が終わりそうである。

2月10日
午前中はコンポストヤードで作業。今日も快晴で青い空が恨めしかった。3時間ほど作業したら頭がくらくらしてきた。かなり体力を消耗したが少々の無理ならこの体は壊れない。食いまくっていつもの時間に寝れば回復するだろう。やれやれとオフィスに帰ってきたらまた料金の支払い書が送られてきた。本当に金があきれるほど速く私のもとを去っていく。清く正しく活動しているはずなのだが、なぜに貧乏か。これから3月末まで、これまでの二分の一の生活費でやりくりしなくてはいけない…。

●過去を振り返って
フィジーには郵便配達の制度があるのだが、各家庭には配達されないようだ。なので、請求書とかは職場に届くようにしていた。

2月11日
朝から3Rの仕事で家庭訪問。その後コンポストヤードで仕事。午後からレポート書き。普通の一日だった。晩飯はアリーソーメンチャンプルだった。ビナカ。

2月12日
金曜日。今日は現場に行かず、レポートをまとめた。今週も無事終了。疲れた。それで一直線に家に帰って、アリーとビールを飲みつつ、今日晩飯何しようかと古いトマトとしおれたニラを眺めている内に、上に住むインド人の車のエンジンの調子が悪いというのでアリーが修理しに行った。
一人になって、スパゲッティーのソースでも作ろうかとトマトを切っていたら、子供たちが家に入り込んできて、ギターならしたり、パソコンにイタズラしたりして大はしゃぎしていた。アリーいないし、料理どころではなかったので被害を最小限に食い止めるべく、兄妹をあしらっていた。しばらくしてパパが迎えにきてやっと帰ってくれたが、ビールの酔いが回って、料理が変になった。その後は二人でビールを数本あけて、私は眠くなったので先に寝た。
imouto

2月13日
朝起きて水が出なかった。そしてほどなくして停電になった。今日もいい天気。いったい何があったのだろうか。知る由もなく長椅子に寝っ転がってなんだよーとか思っていたらアリーがサッカーしようと言う。しばらく近所の公園でボールを蹴っていた。しかし本格的に体を動かすのは一年ぶりぐらいなのですぐばてた。
帰ってきてまだ水が出ないので昼飯どうしようか、美川隊員にたかりにいこうか、なんて言っていたら、アリーが美川さんにいきなり電話して「飯食わせて下さい」とストレートに頼んだ。しかし断られた。しょうがないのでタウンに行って飯食って買い物してカバ買って帰った。家に戻ってくると水が出るようになっていたので早速カバ作って飲んでまったりしていた。私は眠くなったので昼寝した。夜になって起きて、マーケットで買ってきたひと山2ドルの貝で酒蒸し的なものを作って晩飯とした。その後二人でワイン3本飲んで私は寝た。

2月14日
朝起きて飯食って寝て起きて飯食って夜になった。今日は何の日だったかなー、何も起きないのはなぜだろうね、とアリーとふてくされて焼けビールと焼けカバをやっていたら、8時ごろに救いの手が。近所の松下隊員と美川隊員がチョコレートとプリンとメッセージカードを持ってきてくれました。ちきしょう、来るのが遅いんだよ、と泪をぬぐいながらいただきましたとさ。

2月15日
月曜日。体調は十分。朝は現場でコンポスト作り。しかしフィジアンの作業員は力は私の3倍ぐらいありそうなのだが、根性は3分の1以下。水飲みに行くと言って帰ってこないし。こっちも隣でシャベル持って汗かきながら作業してるんだからもっと頑張ってくれよと思うが、しょうがない。午後はオフィスでプレゼン資料作り。しかし、なぜか今日は職場にテレビが運び込まれていて、皆ラグビーの試合を見ていた。重要な試合だったらしい。
家に帰って、飯。今日はアリーが当番。カレーを作ってくれるらしい。しかも、久々の日本カレーである。いつも、私は他人が何か作っているのを見ると何か言いたくなるのだが、それは言わないことにしている。まあ、私とて特に料理がうまいわけでないし、また、他人に横でごちゃごちゃ言われるとうっとうしいし逆効果だろうし、全部任せた方がいい結果になると思うからである。
しかし、今日はつっこんでしまった。彼がいきなり15人前も作ったからである。鍋一杯のカレー…。どうすんだよー、と思ったが、とにかく3日間ぐらい食べ続けるしかない。アリーが明日はカレーラーメンがいいっす、とかいうので作り方を考えなくてはいけない。やれやれ…。

2月16日
朝からマーケットに行って新ゴミ箱の観察に行った。マーケットで分別収集が始まって5カ月。最近は全く分別されておらず、その原因はゴミ箱の不足の部分が大きいとの結論に達したので今回仕切り直しで新たなゴミ箱を20個用意した。明日から私が毎日チェックしに行く。その後会議でプレゼンして帰ってきてちょっと仕事して今日は終了。今日も晩飯はカレーラーメン。葱を焦がすところがら始めた入魂の一杯を作った。隠し味は味噌。美川隊員も誘って3人で食べた。
singomibako

2月17日
朝からマーケットのゴミ箱観察。その後コンポストヤードで仕事。暑い、疲れた。帰ってきて、調査資料の作成。家に帰って、明日のプレゼン資料の準備。でも、眠くて途中で寝てしまった。たまにある、非常に忙しい一日だった。

2月18日
朝からマーケット。マーケットのゴミ箱配置図が完成した。来週から配置を考え直す。その後ナンディで活動紹介。吉川さんの後輩にあたる女子学生5人と先生の前で発表した。がんばってプレゼン資料作ったのだが、反応は静かだった。活動の内容と関係のないこと言いすぎたか。家に帰ってきて、今日はアリーがいないので、一人晩御飯。今日はマンゴーカレーに挑戦。意外にいけた。残りのカレーも少なくなってきたので、カレー祭りは金曜で終了だろう。

●過去を振り返って
大量のカレーを作っておきながら自分はどこかに行ってしまったアリー。

2月19日
朝からナンディーで吉川さんが企画したワークショップに参加した。その後ラウトカに参加者全員で移動して、コンポストヤード等を見学した。私はここでオフィスに帰った。今日は同期の迫田さんが泊まりに来た。私は事前に「彼女は○○だからときどき○○とするかもしれないけど、優しい気持ちで接してあげてね」とアリーにたのんでおいた。詳しくは書かないが、アリーありがとう、そしてごめんね。
なお、彼女に言わせれば「君は全然ダメ」だそうな…。今晩の夕食は自作カレーラーメンとアリーカレーチャーハンで月曜から続いたカレー祭りは閉幕した。その後は酒飲んでいろいろあって寝た。

●過去を振り返って
迫田さんはスゴイわがままで、初対面のアリーにもチョコレートが食べたいとか、ファンを付けて欲しいとか、色々わがまま言いまくった。でもそうなることはわかっていたので、事前にアリーに言っておいたが正解だった。
でも、迫田さんは悪いやつじゃないので帰国した今も細々と交流がある。

2月20日
土曜日。昨日で閉幕したと思われたカレー祭りだが、今日の朝飯は昨日のカレーチャーハンの残りだったので、祭りの余韻を楽しむこととなった。迫田さんとタウンに行って、買い物して彼女は島に旅立っていった。さよなら迫田さん。ミニバス乗り場の去りぎわ、果てしなく広がる青空を仰ぐと彼女の笑顔が刹那浮かんで消えた…。
さて、今日は西部地区新隊員歓迎会が我が家であるので、その準備に取り掛かった。私はいつものラウトカチキンを作った。そして6時ぐらいに全員8人がそろって会が始まった。皆それぞれ自慢の一品を持ってきてくれた。シニアのMさんのセミエビ、美川隊員の生ケーキ等御馳走の数々であった。私は秘蔵の大吟醸を持ち出したが、半分自分で飲んだ。私は途中いつものごとく眠たくなったのでしばらく自分の部屋で休憩等しながら生き延びた。

2月21日
朝。昨日泊まった中本君とアリーとだらだら過ごしながら午前中が過ぎた。午後から彼らは出て行った。私は昼寝した。起きると家の中が少し綺麗になっていた。壁に時計がかかっていたり、古い鍋がきれいになっていたり、小人さんだろうか。そしてもう一つ気付いたのは、アリーが酒を買ってきた。日曜日は酒の販売は法律で禁止されているのだが、あるところにはあるらしい。晩飯の後ラム・オレンジ、ラム・アップルカクテルを作って飲んだ。そして眠たくなったので寝た。

2月22日
月曜日。朝からアリーは酒臭かったが、私は体調良く仕事に向かった。午前中現場で午後からデスクワークの標準的な日を過ごした。仕事終わって2人で買い物して、アリー野菜炒めがカナビナカだった。夜に美川隊員が物を取りに来たが、結局ビール飲んで帰っただけで物を忘れていった。

●過去を振り返って
彼はよく酒臭いまま仕事に行っていた。

2月23日
今日は現場には30分ぐらいいただけで、後はオフィスで仕事をしていた。モニタリング結果のまとめ、広域研修の準備、水質調査機器の見積もり、隊員機関紙の仕事、いろいろ溜まっているの全部手をつけた。買い物して家に帰って3人でちょっとのんで、飯作り。美川さんは段ボール持って帰って行った。今日はスバから木田さんが来た。だからビールを少し飲んだ。

2月24日
午前中現場、午後オフィス。仕事終わってアリーと帰宅。夕飯の後、美川隊員がお好み焼きを作ってきてくれた。「うまい。60点」と言ったら、彼女は不満顔だった。アリーに言わせれば「120点」らしい(彼は夕食で満腹だったにも関わらず限界を超えておこのみを食べていた。優しすぎる…)。私的には後40点分成長してほしい、出来るはずという彼女の今後の人生を考慮した優しさを込めたコメントだったのだが、彼女はアリーのコメントの方が嬉しかったらし。彼の優しさは女を駄目にする。

薄暗くなってきたので彼女は帰って行った。門の所でさよならーって別れて部屋に戻ってきたら、なぜ送っていかなかったのかと、アリーと木田さんに非難された。いや、送ってくれなんて一言も言わなかったし、本人の意向を尊重したまで、と返したが、言われなくても送って行くのが常識らしい。相手の意見を尊重するという私の優しさは間違っているのだろうか。いずれにせよ傍目からみたら、優しさ不足に見えるわな。生まれてきた時代が悪かったか。

●過去を振り返って
アリーは女性に優しい。女性隊員からモテてたと思う。
反面、俺は女相手でも容赦なかった。

2月25日
この日は朝から体がだるかった。疲れがたまっているらしい。今週はそんなに忙しくなかったはずだが、理由はよくわからない。とにかく、これ以上疲れないよう控えめな一日を過ごした。この日は8時に就寝した。

2月26日
午前中現場、午後オフィスでいつもの作業をして今週も終了。金がないないといいながら大量の酒を買って帰る私とアリーであった。ネット麻雀やったりして、今度スバの麻雀部をコンビ打ちでボコボコにしようという話になった。そして、ちょっと飲み過ぎて寝た。

2月27日
土曜日。休みなのだが、いつも通り6時に起きて、少し仕事をする。7時半ぐらいにアリーが出勤していった。今日は仕事らしい。昼過ぎアリーが帰って来た。呼び出したカウンターパートが来なかったらしい。早くもフィジーの洗礼を受けて、彼はカンカンだった。そんな彼に自作ラーメンを振舞った。食後は昼寝。起きたら8時。二人で飯&酒。11時就寝。

●過去を振り返って
フィジーに来たら誰もが通る道(笑)。

2月28日
朝5時半ごろ電話がかかってきた。チリ沖で地震があったので津波に注意すること、とのこと。地震のニュースは昨晩ネットで知っていたし、津波も高台に住んでいるので特に対応しなかった。結局8時ごろに起きた。暇だったので料理研究した。

今日のテーマは餃子。基本的に、豚ひき肉、ニラ、キャベツが必要なのだが、内の冷蔵庫には全部ないので代わりの材料で実験した。材料:鶏ホルモン、モザ(フィジーの野菜)、玉ねぎ、人参等。餃子の皮も自分で作ったが、見た目はともかく意外に簡単にできた。実験なので、少しずつ条件を変えながら作っていった。材料、調味料、皮の大きさ・厚さ、油の量、火の加減、確かめなくてはならない要素がたくさんある。

結局計4回で20個余りの餃子を作った。隣で大掃除をしていたアリーに食べてよ、と言ったが、少し食べた後は積極的に食べたがらない。あれー、遠慮してんのかなと思って結構しつこく勧めて、やっと食べてくれた。ということで味の方は、まだ、お披露目できるレベルにないか。特に最後に作った、モヤシとオクラと味噌+皮にだしの素加えた、はもはや餃子ではなかった。今度はちゃんと材料を用意してまともなものを作りたい。

さて、3時間餃子作りっぱなしで疲れてぐてーっとしていたら、大掃除中のアリーが歓声を上げた。彼は本棚からお宝DVDの数々を発見した(岸田さんのかな)。
夕方になって部屋から出て行って気付くのは、家の感じか以前とかなり変わっていること。アリーが掃除して、パーティー仕様の家になった。しかし誰も来ない静かな日曜日のラウトカであった。
gyoza1gyoza2gyoza3

●過去を振り返って
アリーは人を集めてワイワイするのが好きだった。これから多くの隊員がうちにやって来ることになる。
あと、彼は意外に?きれい好きで、彼が来てから部屋が綺麗になった。

←青年海外協力隊奮闘記目次に戻る 次の日記:金欠の日々→

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ