プロフィール・運営者情報

名前:前田暴論

1978年 大阪生まれ
2014年現在、アフィリエイター。大阪市在住。
u

プロフィール:
大学卒業後、陸上自衛隊に入隊。
学費を貯めることが目的でしたが、不完全燃焼気味だった青春を別のところでやり直したい気持ちもありました。

配属されたのは普通科。昔で言う歩兵部隊であり、自分はその中で81mm迫撃砲を担当していました。
自衛隊での生活は、覚悟はしていましたが、かなりしんどかったです。
体力的、というより、上下関係がキツかったです。

宴会で、上官のおちょこに酒をつぐと、返杯のつもりなのか鍋の蓋を渡されました。
えっ、思ったら、そこに波々と酒をつぐ上官。
その量に驚き、固まってしまう自分。
(これ飲んだら死ぬかもしれん)
しかし、上官の命令は絶対。
上官が「カラスは白い」と言えば、「はい、白いです」と言うのが2等兵。
鍋の蓋の日本酒を一気に飲んで、便所に直行。吐き出しましたが、体にもずいぶんと入り、酔っ払って床に這いつくばりました。
そんな様子を見て、上官は、
「今日マエダのこと初めて認めたぞ」
評価されるのは仕事じゃなくてそこかよ…。
まあ、10年前の話ですし、今は流石にやってないと信じたいです。

他にも、雨の中で寝たり、夜間行軍で歩きながら寝たり、部屋で寝てる時に先輩にカンチョーされてキレたり、自衛隊ライフを漫喫できました。

自衛隊は1任期2年で退官。
大学院に入学して環境工学を学びました。
主に水質の浄化について研究していました。
しかし正直、自分は研究者に向いていないと思いました…。

修了後、東京に本社がある環境関連会社に入社しました。
深夜残業や休日出勤も多く、なかなかハードな会社でしたが、残業代は払ってもらいましたし、周囲の人も常識的な人ばかりで、いい会社だったと思います。
3年ほどで辞めたので、それほど専門性は身につかなかったのですが、文書作成や電話対応などの基礎ビジネススキル、会社組織の仕組み、サラリーマンの何たるか、などを勉強させてもらいました。

しかし、私はよい社員ではありませんでした。
その仕事の意義をあまり感じていませんでした。

例えば、資料の見栄えをちょっと良くするために3時間残業したりとか、意味はないことないけど、身を削ってやる程のことか?という疑問が常にありました。
周囲の先輩はすごく真面目で優秀で、90点の仕事を100点に限りなく近づけようとして頑張っていましたが、私はそんな先輩達を尊敬しつつも冷めた目で見ていました。

入社直後はバリバリ仕事して立派な技術者になることを夢見ていましたが、ほどなくして仕事は給料を稼ぐためにやってるだけと思うようになりました。

そんな感じでくすぶっていたのですが、それは自分にとって満足な状況ではありません。もっと熱くなりたい、燃焼したいと思っていました。
そんなとき、ふと青年海外協力隊という選択肢を思い出しました。
昔からの夢、というほどではないのですが、学生時代に興味を持って調べていて、実務経験がないので選択肢からはずしていました。
しかし、今なら参加できるのではないか?
調べてみると、行けそうな気がしてきました。

入社2年目の冬に上司に相談して、協力隊の選考を受ける旨を伝えました。
すると、3年目からは新たな担当業務を与えられず、他の先輩のヘルプに回されました。あまり仕事がないので、周囲の社員が深夜残業している中、一人定時で帰る若手社員になってしまいました。
若年性窓際社員でしたが、プライベートの時間が増えたので嬉しかったです。

8月に合格の知らせが来て、上司に退職する旨を伝えました。
この少し前、優秀な先輩がワーキングホリデーに行くため退職したのですが、かなり引き止められたそうです。
しかし、私の場合、一切慰留されることなく、
「がんばってね」
で終わりでした。…まあ、当然だわな。

正式に退職したのが2008年末。
それらか、2ヶ月ちょっと、協力隊の派遣前訓練を受けて、2009年3月に南太平洋にあるフィジーという国に赴任しました。
それは記録をよんでいただきたいのですが、とりあえず願ったとおり熱い時間を過ごすことができました。

2011年3月帰国。
もうサラリーマンは無理、と思ったので、自分で出来る仕事としてアフィリエイトをやることに決めました。
というか、帰国前からフィジーで準備してました。

サラリーマンに嫌気がさして、アフィリエイトでもなんでも、自営業で生活したいと考える人は多いと思います。

しかし、甘くは無いですよ。
まあ、想定内ではありましたが、なかなか儲かりません。はじめのうちは毎日1日12時間作業して月収100円以下でした。
おそらく、殆どの人が3ヶ月その状態が続けば、作業をやめると思います。
しかし、私にはもう選択肢がなかったので、やめるにやめられず、アフィリの作業を続けました。

結局、アフィリエイトを始めて月収1万円を超えるのに1年かかってしまいました。
アフィリエイトは軌道に乗せるのに時間がかかるのが普通ですが、専業アフィリエイターでこれはかなりセンス無いです。

月収1万円ではまだ生活できませんが、それから半年で月収15万円に到達し、その3ヶ月後に35万円になって、ちょっと早いですが、法人化しました。
その後、売上は月100万近く行くこともあれば30万円を割る月もあったり、変動が激しいです。

会社員の頃と違って安定しませんが、それでも自分には今の生活の方が居心地がいいです。
しかし、これは皆に当てはまることではないと思います。今になってサラリーマンの良さも分かるようになりました。
それも追々記事にしていこうと思います。

★このブログの目的
プロフィールに書いたとおり、私はあちこちで一貫性なく生きてきました。
これまで周囲から変な奴扱いされることも多かったです。

しかし、別に迷惑をかけているわけではありません。

「ほっとけ俺の人生だ」

自分の人生なのだから他人からあれこれ言われようとも好きなように生きればいいと思います。
もちろん、様々な事情でそうできない人も多いことは知っています。

しかし、不満を抱えているにもかかわらず、自分の生き方はこれしかない、と思い込んでいる人も少なくないと思います。
このブログでは、そんな人に向けて、もっと自由に生きる道もあるんじゃないか、ということを提示していければいいなと思います(…ちょっと生意気でしょうか)。

また、会社員時代にそう思い、フィジー時代に間違いないと思ったのですが、日本社会は真面目すぎて逆に不合理だと思います。
日本で長時間真面目に働く人より、フィジーで適当に生きる人のほうがどう見ても幸せです。なんでこうなってしまったのか?

別にフィジーを見習えというわけではありませんが、この息苦しい国に風穴を開けてやろうと思います。
なので、日本の良さを認めた上で、より幸せな、生きやすい社会にするにはどうすればいいのか、ということも考えていきたいと思います。

他には、
●アフィリエイト
●ライフハック
●旅行記
●青年海外協力隊
などについても書いていこうと思います。

連絡は以下のフォームからお願いします。

◯ブログ運営について
アフィリエイトプログラムについて
当ブログにある商品リンクは、アフィリエイトリンクになっている場合があります。
実際に当ブログが管理して発売しているわけではないので、お問い合わせは、各店舗にお願いします

Google Adsenseについて
Google Adsenseの広告は Cookieやウェブビーコンを使用して広告を配信しています。
Cookie を使用することにより、インターネットにおけるご自身のサイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいてユーザーに広告を配信することが可能になります。
しかしながら、Cookieによる情報提供を望まない場合、Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーなどで、CookieをOFFにすることで、情報提供を行わないようにすることができます。

免責事項
当ブログにより生じるいかなる損失・損害についても当方では責任を負うものではありませんのでご了承ください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ